旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


軽巡 長良

軽巡洋艦 長良【長良型軽巡洋艦 一番艦】
Light Cruiser  NAGARA 【NAGARA-class Light Cruiser 1st】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
天草諸島近海
建 造
1920年9月9日 1921年4月25日 1922年4月21日 1944年8月7日 佐世保海軍工廠
常備排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
5,570t 162.15m
14.17m 36.0ノット 90,000馬力







換装そして換装 戦隊旗艦の座を守る 長良


先に建造が行われていた「球磨型」、そして後に建造される「川内型」とともに、「八四艦隊・八八艦隊計画」で建造が決定した「長良型軽巡洋艦」の一番艦【長良】
設計は「球磨型」と大差ありませんが、変更があった箇所は搭載する魚雷でした。
酸素魚雷は搭載されていませんが、それまで主力であった53cm連装魚雷発射管から、より強力な61cm連装魚雷発射管へ変更。
さらに水上戦での強さを高めるものとなりました。
また、「球磨型」にはなかった滑走台式発艦装置を装備していましたが、これは帰還機の収容はできなかったため、まだまだ改良の余地が残っていました。

【長良】はむしろ、竣工時よりも数回に渡る装備換装によってより強力な軽巡洋艦と進化していきました。
上記の発艦装置は、射出用カタパルトが開発された時に撤去換装され、その跡地には保式13mm四連装機銃を設置します。
また大戦中には5番、7番砲塔を撤去して12.7cm連装高角砲を設置するなど、戦況の変化に応じてどんどん対空兵装が強化されていきました。

しかし【長良】は太平洋戦争開戦時ですでに艦齢19年。
「球磨型」と同じく、かなりの老齢でした。
【長良】も代替艦の計画がもち上がり、本来なら「阿賀野型」がその役割を果たす予定でしたが、戦争間近になってその計画はたち消えとなっています。
「川内型」以降、軽巡洋艦を建造してこなかったことも影響しました。
結局度重なる換装を行って、できる限り劣化を抑えて戦争に投入することになりました。

ところがこの【長良】、旧式と言いながら各地で大活躍します。
太平洋戦争開戦直後の「フィリピン侵攻」では、第四急襲艦隊旗艦を務め、見事この作戦を成功。
「ミッドウェー海戦」では、第十戦隊旗艦として第一航空艦隊に所属し、航空機から脱出して海上に浮かんでいる乗員を助ける、いわゆるとんぼ釣りを行いました。
旗艦【赤城】をはじめ4隻の正規空母を失ったあとは、第一航空艦隊の旗艦を臨時で務め、【長良】は本土へ帰投します。

その後も休む間もなく「第二次・第三次ソロモン海戦」へ突入。
引き続き第十戦隊旗艦を努め、空母の護衛や夜戦の指揮などで奮闘。
【米軽巡 アトランタ】に損傷を負わせ、【米駆逐艦 ブレストン】を沈めるなど、「第三次ソロモン海戦」では劣勢の中戦果を挙げています。

やがて【阿賀野】が竣工すると、【長良】は第十戦隊旗艦の座を【阿賀野】へ譲り、今度はさらに前線での任務が増える第四水雷戦隊旗艦を拝命します。
その半年後、第四水雷戦隊は解散してしまいますが、【長良】はすぐに第四艦隊旗艦となり、まだまだ司令塔として海原を駆け巡ります。

1943年12月にクェゼリン環礁で空襲を受けるのですが、【長良】はこれが初めての大規模損傷でした。
それまでの2年間は熟練の兵士が【長良】の身体を守り続けていたのです。
この空襲により艦尾を切断した【長波】を曳航して【長良】は日本へ戻り、自身も修理に入ります。
対空兵装が増備されたのはこの時でした。

しかし、さらに強くなった【長良】の活躍の場を見ることはできませんでした。
修理後、輸送任務を行っていた【長良】の命を絶ったのは【米潜水艦 クローカー】の魚雷でした。
天草諸島沖航行中に右舷に命中した、たった一発の魚雷が【長良】には耐えることができず、あえなく沈没。

単艦での戦果よりも、旗艦として様々な僚艦を率いてきた功績こそが、【長良】を輝かせています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐球磨型軽巡洋艦 木曾 長良型軽巡洋艦 五十鈴⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system