旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


軽巡 球磨

軽巡洋艦 球磨【球磨型軽巡洋艦 一番艦】
Light Cruiser  KUMA 【KUMA-class Light Cruiser 1st】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉) 他
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
マラッカ海峡付近
建 造
1918年8月29日 1919年7月14日 1920年8月31日 1944年1月11日 佐世保海軍工廠
常備排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 5,500t
② 約7,000t
① 162.15m

① 14.17m

① 36.0ノット
② 33.6ノット
① 90,000馬力

①1920年竣工時  ②1934年(改装完了後)

天龍型じゃ小さすぎる 5,500t級軽巡1番艦 球磨


当初は6隻の建造が予定されていた「天龍型軽巡洋艦」ですが、アメリカでは「天龍型」をはるかに凌ぐ「オマハ級軽巡洋艦」の建造がはじまります。
この「オマハ級」は、「天龍型」で期待された水雷戦隊旗艦の役割にとどまらず、自身もその高速性を活かして積極的に攻撃に参加するために建造されます。
そのため、主砲は6inch(約15cm)砲を搭載し、排水量も7,000tに到達するなど、当時としては規格外の強さでした。

当然半分ほどの排水量しか持たない「天龍型」が太刀打ちできるわけもなく、「天龍型」は2隻で建造を打ち切り、5,500t級の軽巡洋艦の建造にシフトしていきます。
そのトップバッターを務めることになったのが、「球磨型軽巡洋艦」の一番艦【球磨】です。

【球磨】14cm単装砲を7門搭載(うち3・4番砲塔がそれぞれ両舷に配備されたため、片舷最大斉射は6門)、53cm魚雷連装発射管を4基搭載(片舷前後に1基ずつ)と、なかなかに強力な兵装を持っています。
また、最大速力が33ノットだった【天龍】でも十分高速でしたが、日本はこれに満足せず、【球磨】には駆逐艦と同等もしくはそれ以上の速力となる36ノットを発揮する馬力を求めました。
その結果、必要な馬力は90,000馬力となります。
1年前から建造が始まっている【長門】の馬力は約85,000馬力。
全長1.5倍、排水量なんと6倍の【長門】よりも高出力を誇ったのです。

この後、「球磨型」は計5隻建造されていくのですが、当時の艦齢はおおよそ15年がひとつの区切りとなっており、「ロンドン海軍軍縮会議」でも、「16年を超えた艦は練習艦へ改装可能」とされています。
【球磨】もそれに則って練習艦への改装が検討されましたが、結果的には新たに「香取型練習巡洋艦」を建造の上、【球磨】は兵装強化を施して太平洋戦争へ参加することになります。

役目はもっぱら輸送任務 寄る年波には勝てず


兵装強化をしたはいいのですが、2,000tもの上積みをされた結果、高速性能は犠牲となり、33ノットまで低下してしまいます。
また、当時の帝国海軍は重巡洋艦を重要視しており、「川内型」から「阿賀野型」の間には17年もの空白期間があります。
つまり、戦場での軽巡の役割は大きくなかったのです。

そのような状況もあり、なおかつ【球磨】は太平洋戦争開戦時の艦齢が21年と、はっきり言ってお古でした。
そのため【球磨】は戦前こそ「シベリア出兵」「支那事変(日中戦争)」に参加したものの、太平洋戦争では戦争初期の「フィリピン攻略作戦」に参加したあとは、ほぼ輸送任務・船団護衛に就いています。
その「フィリピン攻略作戦」でも特に大きな活躍もなく、【水雷艇 雉】とともに米水雷艇と一線交えたほど。
【球磨】はこの時に魚雷を1発受けますが、幸い不発で被害は微弱でした。

輸送、哨戒、砲撃支援など黙々と任務をこなしていた【球磨】でしたが、1943年11月にはシンガポールで対空兵装の増備改装を行います。
5番砲塔を撤去してカタパルトを設置。
また新たに25mm三連装機銃を2基増備しており、もともとの25mm連装機銃2基と合わせて、機銃は計10門となりました。

しかしその対空兵装が活躍することはあまりありませんでした。
1944年1月11日、【球磨】は対潜演習中に最期を迎えます。
【球磨】を沈めたのは【英潜水艦 タリホー】、なんと対潜演習中に潜水艦に沈められるという、皮肉な結末でした。

7本の魚雷が【球磨】めがけて海中を進み、【球磨】も必死に回避しようと大きく舵を切りますが間に合いません。
船尾に2本の魚雷が命中し、【球磨】は炎上沈没。
【浦波】が救助に向かったものの、138人が犠牲となりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐天龍型軽巡洋艦 龍田 球磨型軽巡洋艦 多摩⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system