旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


軽巡 北上

軽巡洋艦 北上【球磨型軽巡洋艦 三番艦】
Light Cruiser  KITAKAMI 【KUMA-class Light Cruiser 3rd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(解体) 建 造
1919年9月1日 1920年7月3日 1921年4月15日 1947年3月31日 佐世保海軍工廠
①常備排水量
②公試排水量
全 長
全 幅
速 度
馬 力
① 5,500t
② 6,900t
① 162.15m

① 14.17m

① 36.0ノット
② 33.6ノット
① 90,000馬力

①竣工時  ②1941年(重雷装改装完了後)

水雷戦を優位に進めるための常識はずれな重雷装


「球磨型」の三番艦【北上】は、「球磨型」であることよりも「重雷装艦」であることの方が有名かもしれません。

誕生は【球磨】と同じで、5,000t級の軽巡として建造されます。
改装までにあった出来事といえば、【阿武隈】との衝突事故です。
演習中、高速で航行中の【阿武隈】の自動操舵が突如故障し、人力操舵に切り替える間もなく【北上】の左舷に突っ込んでしまいました。
被害はそれなりに大きかったものの、幸い転覆することはなく、双方とも修理の末に戦力として復帰しています。

さて、【北上】も開戦時には艦齢20年を超える大ベテランとなるため、1930年代中盤には何かしらのテコ入れが必要だという空気が生まれます。
【球磨・多摩】は結局そのまま戦争に突入しましたが、【北上】はかなり独自路線を突っ走ることになりました。

その正体は『重雷装艦』
本来攻撃の中心となるべき主砲(14cm単装砲)を7門から4門に減らし、さらに対空砲である高角砲はまるまる撤去、申し訳程度に25mm連装機銃を2機搭載したものの、砲撃戦に必要な装備は最小限に抑えられました。
その代わりにてんこ盛りに積まれたのが魚雷発射管。
もともと搭載されていた53cm連装魚雷発射管から61cm四連装魚雷発射管に変更しただけでなく、その数が左右弦各10基、計40門という常識はずれな数字。
当時の軽巡洋艦の標準装備が53cmないし61cm8門だったため、いかに偏った兵装であるかがわかるかと思います。

一体なぜこんなむちゃくちゃな兵装を施したのか。

まず、魚雷の性能が格段に向上した背景があります。
日本はこの時期、酸素魚雷という従来の魚雷よりもはるかに性能の良い独自の魚雷を開発していました。
純酸素と燃料を使用して燃焼させた結果、発生するのは炭酸ガス。
炭酸ガスは水によく溶けるため、今までの圧搾空気よりはるかに魚影の隠蔽につながります(圧搾空気だとブクブクと泡が発生します)。
また、燃費向上による航続距離の延長、さらに高速になったため、日本は以後酸素魚雷の運用がどんどん進んでいきます。
水雷戦隊が重宝されたのは、この強力な酸素魚雷が存在していたことも理由の一つです。

酸素魚雷を運用したのは、世界で日本ただ一国でした。
世界でもこの酸素魚雷の開発に取り組んだ国はあったのですが、酸素はとにかく燃えやすいので、ちょっとした衝撃でも爆発してしまいます。
そのため、なかなか実用化まで至らずに研究を中止していたのです。

話を戻して、重雷装艦にするメリットですが、この酸素魚雷を用いると、戦闘前から敵へ攻撃を仕掛けることができるためです。
40,000メートル先でも36ノットの速度で推進するため、低速艦が向こうにいた場合はなかなか回避も大変です。
また、40,000メートル先の相手と砲撃を交わすなんて芸当ができるのはそれこそ【大和・武蔵】が積んでいた46cm三連装砲ぐらい(最大射程距離です)。
41cm連装砲では40,000メートルにはちょっと届きません。
つまり、砲撃戦を交わせない安全な場所から攻撃をすることができるのです。

この重雷装艦の役割は、戦闘前の敵の「撃滅」ではなく、敵の「混乱」を誘うこと。
いくら強力とはいえ、40,000メートルも離れた距離から正確に敵艦を仕留めるなんてできません(46cm三連装砲なら着弾まで30秒ほどですが、これも40kmの距離を相手に正確な砲撃なんて神業にも等しいものでした)。
しかし相手は基本的に陣形を組めるほどの数、全長は200mを超えるものも存在するため、左右弦含めても40本という魚雷が第一波、第二波として襲いかかるのはなかなかの恐怖です。
戦闘態勢が整う前から被雷、損傷すれば当然戦術や陣形などに多大な影響が出ます。
その混乱が終息する前に、日本が襲いかかるという戦法でした。

「これで【北上・大井】が出撃した戦闘では日本が先制できる!」

魚雷?時代は飛行機だろ、魚雷山盛りとか危ないだけ


ということで、時代は航空機が攻撃の主力。
40,000メートルの移動は飛行機にも可能ですし、もし先に航空機の爆撃を受けた場合、40本もの魚雷を積んでいる重雷装艦は言うなれば移動する爆薬庫です。
一度攻撃を受ければ、それ単体が大きな爆弾となるほどの規模での爆発が予想できます。
そんな危険なものを海上に浮かべる訳にはいかない。
つまり重雷装艦は単なる危険物に成り下がってしまったのです。

戦争から半年間は出撃していますが、その真価を発揮することはなく、同行程度のもので、「ミッドウェー海戦」後は【北上】【大井】とともに改装工事に入ります。

1年後の1942年、再びその姿を見せた【北上・大井】でしたが、その役割は戦闘とは全く無縁のものでした。
もともと竣工から20年を超える老齢の艦のため、戦力としては望まれていませんでした。
彼女たちは「高速輸送艦」として、次の任務に就くことになります。
8月から9月にかけて【北上・大井】の改装が始まります。
40門あった魚雷発射管は32門に削減され(それでもすごく多いですが)、機銃を増設、さらに輸送艦として大発動艇も4艇載せることができるようになりました。
また、11月にはさらに魚雷発射管を4基削減して計16門となり、代わりに大発の増備を行ったとされています。

その後は新たな任務である輸送を精力的に行い、1943年7月には【北上・大井】は第十六戦隊の一員となります。
少々の損傷がありながらも、修理を経て任務へ復帰していた【北上】でしたが、1944年1月には輸送任務からの帰投中に【英潜水艦 テンプラー】の魚雷を艦尾に2発受けてしまいます。
なんとか航行することはできましたが損傷は激しく、【北上】はセレター海軍基地でしばらく修理されることになります。

しかし、【北上】の一生は「高速輸送艦」で幕を閉じることはありませんでした。
1944年8月、輸送任務を終えて佐世保へ向かった【北上】は、【生きて帰ってきてほしい兵士を送る」ことから、「生きて帰ってくることのない兵士を送る」仕事を任されます。

【回転搭載艦 北上】


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐球磨型軽巡洋艦 多摩 球磨型軽巡洋艦 大井⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system