旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


軽巡 木曾

軽巡洋艦 木曾【球磨型軽巡洋艦 五番艦】
Light Cruiser  KISO 【KUMA-class Light Cruiser 5th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
マニラ湾
建 造
1919年6月10日 1920年12月14日 1921年5月4日 1944年11月13日 三菱長崎造船所
常備排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
5,500t 162.15m 14.17m 36.0ノット 90,000馬力







南方にはいい思い出がない 北の住人 木曾


「球磨型」の五番艦【木曾】は、次女の【多摩】と行動をともにすることが多く、主に北方海域を活動拠点としていました。

【木曾】は唯一陸上機の滑走台を持っていましたが、実戦での運用性は乏しく、後に撤去されています。
その代わりにカタパルトを、とはならず、【木曾】は最後までカタパルトを搭載することはありませんでした。

【木曾】の見分け方は簡単で、「球磨型」の中でも【木曾】は第一、第二煙突にソロバン型の雨水除去装置を設置しています。
ちなみに【球磨】は3本すべてに設置されており、

・1つもないのが【多摩】
・2つあるのが【木曾】
・3つあるのが【球磨】

と区別することが出来ます。
【北上】【大井】については答えるまでもありませんが、魚雷発射管の量を見るだけで明らかです。

その【北上・大井】同様、【木曾】『重雷装艦』への改造計画がありましたが、幸いにもその改造は中止となり、以下の活躍に繋がることとなります。

1931年、【木曾】は駐米大使であった斎藤博氏の遺骨を届けてくれた【米重巡洋艦 アストリア】が到着した際、21発の礼砲を放っています。
この【アストリア】は、のちの「第一次ソロモン海戦」【鳥海】らと戦闘、その末に撃沈されています。

太平洋戦争開戦後、【木曾】は北方海域にて輸送任務や哨戒活動に従事。
1943年の「キスカ島撤退作戦」まで北方海域の守り人として護衛にあたっていました。

しかしその後は暑い南方海域へと転属になります。
こちらでもやはり輸送・護衛任務に就くのですが、こちらは北方とは違い主戦場のため、危険度が増大します。
10月には空襲により第一煙突付近に被弾、一時航行不能になるほどの被害を受けます。
なんとか復旧させて自力航行が可能となった【木曾】は、護衛の【卯月・五月雨】とラバウルまで避難。
その後舞鶴に戻ると、【木曾】は修理とともに近代化改装に入ります。
14cm単装砲の5番、7番主砲を撤去し、12.7cm連装高角砲1基と機銃の増備にあたっています。

修理と改装は2月末までかかり、その後数ヶ月は横須賀で過ごしました。
8月30日に呉に移動すると、ここでは練習警備艦とされて2ヶ月間は横須賀海軍砲術学校の指揮下にありました。
そして10月30日、約1年の時を経て【木曾】は再び南方へと進出します。

しかしやはり南方は【木曾】を受け入れてはくれませんでした。
佐世保からブルネイへ向かう【隼鷹】【卯月・夕月・秋風】とともに護衛するものの、道中で【秋風】が潜水艦からの魚雷を受けて沈没。
ブルネイ到着後、輸送部隊はマニラに入り、【木曾】は即日第五艦隊、第一水雷戦隊に編入されます。
第五艦隊司令部をブルネイへ送り届けるために待機していた【木曾】ですが、11月13日、米軍の空襲によって甚大な被害を負った【木曾】は大破、そして沈没。
しかしその沈没までの期間が非常に長く、ほとんど沈んでいるにもかかわらず、湾内が浅くて甲板がまだ水面上にあったため、「沈没」とすぐに認められませんでした。
なのでもはやボロボロでとても船とは呼べない姿の上で、軍旗の掲揚・降納がしばらく行われていたということです。
【木曾】の沈みたくないという執念が、海上にとどまらせていたのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐球磨型軽巡洋艦 大井 長良型軽巡洋艦 長良⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system