旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


練巡 香取

練習巡洋艦 香取【香取型練習巡洋艦 一番艦】
Training Cruiser  KATORI 【KATORI-class Training Cruiser 1st】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
トラック島空襲
建 造
1938年8月24日 1939年6月17日 1940年4月20日 1944年2月17日 三菱横浜造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
5,890t 133.50m 15.95m 18.0ノット 8,000馬力







戦う船ではなく、戦いを学ぶための船 香取


日本でも海外でも、訓練用に使われた船は、前線を退いて旧式となったものが大半でした。
当時の日本の練習艦は元の【装甲巡洋艦 磐手・出雲】らでしたが、しかし艦齢は35年を超えるほどの老朽艦でした。
軍艦の性能も格段に向上し、日露戦争時代の軍艦が練習艦ではさすがに荷が重くなりはじめると、日本は新しい練習艦の手配に乗り出します。

当初は「球磨型」「長良型」から捻出することも考えられましたが、徐々に対米戦争の可能性が高まるとその案も退けられ、彼女らは改装を施されて戦争に挑んでいます。
ならば造る他にないということで、「香取型練習巡洋艦」4隻の建造が決定されました。

「香取型」は、素人同然の士官候補生が船酔いに苦しまないように、船体のバランスは通常の軍艦とは一線を画します。
排水量は当時の軽巡洋艦より少し大きめの5,900tですが、その全長は駆逐艦ほど、しかし全幅は「古鷹型」並という、どっしりとした、高い安定性を維持する設計となります。

兵装はお世辞にも充実しているとはいえず、14cm連装砲2基に12.7cm連装高角砲1基、魚雷も53cm連装発射管2基という、本当に最小限のものでした。
速度も18ノットとかなりの低速。
【香取】は完全に練習向けのものとして扱われ、建造時から戦闘での運用はまるっきり想定されていませんでした。
しかしこれらの兵装はすべて軽巡洋艦で主に採用されていたもので、数こそ少ないものの、実際に決まった配属先で触れる可能性が高いものを装備していました。

その代わり、講義室が備え付けられたり、広い居住区を確保、また遠洋航海に出ることが多いため、海外でも威厳ある姿を見せるために大型の艦橋とするなど、いろいろなところに配慮がされていました。

根っからの「練習艦」として竣工した【香取】でしたが、悲しいことに、時の流れは【香取】の役割を許してはくれませんでした。

教鞭ではなく采配を振る香取 訓練から実戦へ 


本来ならば戦場とは縁のないはずの【香取】でしたが、竣工時は太平洋近海にも緊張が走っていました。
太平洋戦争の海戦はすぐそこまで迫っていたのです。
1940年8月、江田島から大連や上海を巡る、初の練習航海に出ることになった【香取】ですが、なんと練習航海はその途中で中止。
【香取】は任された役目をただの1度も完遂することができず、帰投することになるのです。

やがて太平洋戦争が勃発。
【香取】は指導する立場から、指揮する立場へとその役目を変えます。
【香取】の武装は他の艦と比べれば圧倒的に見劣りしました。
しかし、その安定感ある船体と大きな艦橋、充実した設備は、旗艦としては申し分ないものを持っていたのです。
【香取】は潜水艦を率いる第六戦隊旗艦となり、戦いに挑みました。

【香取】は度重なる再編があってもなお旗艦で在り続けました。
その期間、およそ4年。
帝国海軍の中でも屈指の長さでした。
【香取】があげた大殊勲は、【香取】が率いた【潜水艦 伊168】【米空母 ヨークタウン】を沈めたことが有名です。
【ヨークタウン】「ミッドウェー海戦」【赤城・加賀・蒼龍】を相次いで屠った、帝国海軍のトラウマでした。

数度の損傷があったものの、【香取】はスペックの劣る練習巡洋艦とは思えないほど奮戦します。
戦いに直接参加することはまれでしたが、しかしさすが士官を指導する立場の艦で、旗艦に相応しい活躍を続けます。

やがて【香取】は座り慣れた旗艦の地位を離れ、海上護衛総隊へ編入されます。
しかし当時はすでに日本は明らかな劣勢に立たされており、特に空襲と潜水艦の襲来には為す術がない状態でした。
護衛対象だった【特設巡洋艦 赤城丸】の荷役が遅れ、出発が1日遅れたことが、【香取】の運命を変えてしまいます。

【香取】【文月・舞風】などが、「トラック島空襲」に巻き込まれます。
【香取】はその数えきれない艦載機の爆撃を必死に回避しますが、最速18ノットの【香取】では無理がありました。
やがて立て続けに爆弾が命中、大きく炎上する【香取】は、最後は【米戦艦 アイオワ】の容赦ない砲撃によって沈んでいきました。
その艦首が見えなくなるまで、【香取】は砲撃を止めず、また【アイオワ】のすぐそばへと魚雷を放つなど、最後まで意地を貫き通しました。

練習巡洋艦でありながら、そして戦闘に向かない兵装ながらも戦場で長きに渡り戦い続けた【香取】の姿は、指導者に相応しいものであったと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐大淀型軽巡洋艦 大淀 香取型練習巡洋艦 鹿島⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system